トイレタンクの水漏れを自分で修理できる範囲

トイレの水漏れでもっとも多いのがタンクからの水漏れです。レバーが元に戻らない、流し終わった後にチョロチョロ水が流れる、どこからか水が漏れ出しているなどの症状があります。このまま放置しておくと、床材が腐食する可能性がありますし、マンションに住んでいるなら階下に迷惑をかけます。トイレタンクの水漏れはどこまで自分で修理できるのか解説します。

■タンクの水漏れ症状を確認する

トイレの水が漏れている箇所をチェックしてください。タンクの蓋からであれば、整流スポンジの劣化や破損、不具合が考えられます。手洗管の根元の隙間であれば、パッキンの劣化、破損の可能性があります。水洗レバー付近の場合は、パッキンの劣化が考えられます。頻繁に使用する箇所なので、他の場所より摩耗しやすくなります。
便器内に水が漏れているなら、タンク内部のボールタップが正常に働かず、オーバーフロー管から溢れているのかも知れません。ゴムフロートも異常がないか、蓋を開けて確認してください。止水栓や配管から水が漏れている場合、経年劣化やパッキンの劣化の可能性があります。

■自分でタンクの水漏れ修理をする方法

整流スポンジが劣化、破損しているなら、交換することで水漏れは解消します。手洗管の不具合はパッキンを交換したり本体ごと交換をしたりすることでトラブルは解決します。水洗レバーのパッキンのが劣化している場合は、新しいパッキンに交換します。ボルトやナットを取り外すときは工具が必要になるので、モンキーレンチやスパナなどの工具を用意しておくと良いでしょう。
ボールタップやオーバーフロー管、ゴムフロートに原因があるなら、位置を調整するだけで解決できることもあります。ただし、無理に動かすと破損に繋がるので、自信がなければ水道 修理業者に依頼してください。止水栓や配管の修理もパッキンだけでなく、配管の交換が必要なら、水道 修理業者に相談すると安心です。

■まとめ
自分でトイレタンクの修理が終わったら、止水栓を開け、水漏れが解消されたか確認します。タンク内の水位がオーバーフロー管の標準水位の2、3cm下なら大丈夫です。万が一、修理中にパーツを破損したというような場合やトイレリフォームをしたい場合は、すみやかに水道 修理業者に相談してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ