トイレの水漏れで本体を交換するメリット

水漏れなどが原因でトイレの交換を業者に依頼すると、本体価格、工事費、旧式の処分費用がかかります。便器と便座だけのタイプでも約5万円ほどかかり、機能性が高くなればさらに高額になります。便座本体だけでもウォシュレットなら約2万円前後です。それでもトイレの交換をするメリットはあるのか検証します。

■最新型のエコなトイレに変えるメリット

節水型トイレの交換なら、レバーを回して出る1回当たりの水の量は約4から5リットルになります。20年以上前のタイプだと、1回当たりの水の量は10リットル程度なので、半分以下に水の量を節約できます。水道料金に直すと4リットルなら約1万5千円、5リットルでも1万4,200円お得になります。
使うときだけ便座を温める節電型トイレのうち、タイマー節電だと年間約4,200円、スーパーおまかせ節電付きだと年間約4,300円ほどお得です。節水型トイレで瞬間暖房便座にすれば、水道代と電気代を同時に節約することが可能です。本体価格や工事費用は数年で元が取れる計算になります。

■修理と交換を比較してみる

一方、トイレの交換ではなく、修理で対応した場合、老朽化が原因の水漏れであれば、せっかく修理してもしばらくすると他の箇所から水漏れが見つかるケースがよく発生します。トイレが老朽化していると、見えない水漏れ箇所がたくさんあります。修理を繰り返していると補修部品の生産期間が終了し、部品が手に入らず、結局、交換する羽目になるケースも起きます。
また、老朽化により水漏れを繰り返すと、床材が腐食してしまい、本体工事だけでなく想定外の大規模なリフォームが必要になる場合もあります。修理は症状を改善するには安価な対処法ですが、老朽化した便器の場合は交換の方が結果的にお得です。

■まとめ
トイレの交換で床材や壁紙も新しく張り替えると、まるで新築のようなリフォームができます。便器だけを新しくすると、どうしても床材や壁紙など周囲が古びて見えるので、思い切って一緒にリフォームするとトイレの空間が新しく甦ります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ