トイレの便器からの水漏れに対処する方法

家庭の水漏れ箇所で多いのは配管の接合部分、トイレタンク、便器の3つです。トイレ 水漏れしやすいのは、常時タンクに水を貯めているためです。タンクに比べて、便器から水が漏れるケースは少ないですが、一旦水漏れが確認されると大掛かりなリフォーム工事に発展することもあるので、適切に対処をすることが必要です。

■床の水濡れは便器が原因か確認

トイレの床が濡れていたら、便器に結露ができていないか確認をします。結露は室内外の温度変化により起きるので、ドアをしっかり閉め、換気扇を回すなどして湿度を下げると良いです。他には温水洗浄便座から水漏れしていることも少なくありません。設置から年数が経つと便座本体や接合部分が劣化し、水漏れが起きます。
その場合は接続部分のパッキン交換や、本体の修繕が必要です。温水洗浄便座の修繕は専門業者に依頼した方が、安全で確実に修理できます。便器本体のヒビ割れにより、床の水濡れが起きることもあります。防水テープで応急処置はできますが、この場合も業者に依頼してください。

■便器と床の間からの水漏れは問題

トイレ 水漏れで問題となるのは、便器と床の間から水が漏れているケースです。原因はいくつか考えられます。床下の排水管の不具合や破損が原因の場合、トイレとは別の排水管が原因のこともあります。トイレを設置した際、排水管との接続部分にズレが生じたままになっているケースも発生します。
温水洗浄便座と給水管の接続部の不具合、タンクのヒビ割れ、配管の破損などによる水漏れ、便器のヒビ割れも原因になります。原因がさまざまでそれぞれ対処方法が異なり、原因が特定できないこともあるため、専門業者に依頼した方が賢明です。

■まとめ
トイレの床の水濡れの原因が結露であれば、心配せずに対処できますが、便器本体のヒビ割れや温水洗浄便座が原因なら、無理せずに専門業者に依頼しましょう。床の接着部分から汚水が漏れるなら、設置不良の可能性があるので、設置を依頼した業者に問い合わせれば対応してくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ